将棋の世界にどっぷり漬かる☆
E-刺繍工房は、刺繍データを作るお仕事をしています。
でも、時には作品も作ったりしていますemoticon-0111-blush.gif

色々なご縁で、今は、将棋の世界の事を勉強しています。

ミシン刺繍で駒の世界で何か出来ないかと考えて・・・
オリジナルの駒袋を考えたり、布の将棋盤の研究をしています(^-^)


今日の午前中に新作の布の将棋盤が出来たばかりで、

『びりーさん』 や、中将棋盤のK様に、一度見て貰ってから、ブログに書きたいな~と思っています^^


将棋の世界の第一歩に、駒師の『 日向さん 』との出会いが有りました^^

その前に、実は将棋関係の方のキャラクター刺繍のオーダーも頂いていましたが・・・
その時は、まだ、将棋に関して、未知の世界で私の琴線には触れていませんでした。


その後、びりーさんと知り合いになり、
今は・・・色々と将棋の指す楽しさよりも、
将棋を取り巻く楽しい世界を教えていただいています(笑)


『将棋駒の世界』の本は、素晴らしい駒の写真や細かい解説等、
駒の奥の深さに感動して、駒にかける情熱が伝わって来ました。


b0174155_17301579.jpg



『酔棋・駒の詩 駒の事なら何でもわかる!! のホームページ 』 の

『駒研出版会』 『駒を作る』DVDを拝見しました。

『将棋駒の世界』の本に描かれていたイラストとそくりな 駒師・酔棋さんのお写真が載っていて・・・

拝見出来て、嬉しかったですemoticon-0111-blush.gif




駒の作り方のDVD は、駒作りって、色々な作業工程が有って、
その一つ一つの作業に神経を尖らせて、作るって行くのは、
並大抵の集中力が無いと出来ないな~って思いました。

将棋駒の値段の高い理由が判りました☆


特に漆の作業・・・失敗は許されないと思うし、
本当にその道のプロって凄いな~って尊敬してしまいます。emoticon-0139-bow.gif


ミシン刺繍とは全く別世界ですが、
その道を極めるって凄い事だなって思いました。


どの道も奥が深く・・・はまると出られなくなりますね(笑)


そんな事を思った一日でした。



多くのブログの中から見に来て下さり ありがとうございます。



E-刺繍工房 畔柳 悦子 (happy2525mama)

ブログランキングに参加しています。
クリックして応援してください
emoticon-0155-flower.gif

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

こちらもよろしく
↓↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
by happy2525mama | 2013-07-13 17:34 | 将棋*囲碁*チェス | Comments(2)
Commented by びりー(`・ω・´) at 2013-07-13 23:31 x
将棋入門書は結構目を通していますが、なかなか満足できるものは
無いように感じています。
指導棋士、小田切秀人さんのホームページの
members3.jcom.home.ne.jp/onigiri-kororin/
「将棋指南所」は斬新な教え方で役に立ちますが、
ルールを覚えたての方が読める内容ではないので
武市三郎さんの「将棋の力をつける本」を選んでみました。
指す将女子育成がメインディッシュの予定だったのですが、
フォントマニアの悦子先生を想定して、雑多な本をと
将棋駒の本とかケーキも用意してしまいました。

手始めに悦子先生、デザートにガジガジ食いついちゃった。
指さない&観る将棋女子に傾倒中?

駒のささやき(書籍版)、名駒(めいく)大鑑(熊澤良尊様著)は古書で
買うと恐らく各2万円とかプレミアム価格になると思うので
興味があればお近くの図書館にリクエストされて下さい。
市内県内の図書館から無料で取り寄せてもらえます♪
go.tengudo.jp/knowledge_s28.html
↑山本亭介(ペンネーム天狗太郎)さんの書かれた
将棋歴史研究書などの記事は一部こちらで読めます。
悦子先生なら「56優雅な中将棋」くらいから興味を
持たれる感じでしょうか。
Commented by happy2525mama at 2013-07-14 01:45
びりーさま

『将棋入門書』は、難しそうなので、少しずつ読んで行きたいな~と思います^^
でも、月下の棋士の漫画を10巻まで読みましたが、
将棋に命を掛けて戦う姿・・・戦士は、カッコイイですね^^

私はテレビでしか対局シーンを見た事有りませんが、
先手、先手を読む事で頭が良くなると何かの紹介で読んだのを思い出し、
なるほどな~と思いました。
フォントマニアにとって、DVDは、とても興味深かったです。
特に、モノを作る製作過程を知る事が出来たのは、
私にとって、大きな収穫でした☆

ミシン刺繍にも、字母紙と同じ役割の下絵が大切なのは
共通していますし、文字の一角、一角データ作りも似ているなと・・・
共通点探しをしながら見ていました(笑)


『駒のささやき』の本は、大変な希少価値の有る本なのですね☆
図書館は近くに無いので、難しいと思いますが、将棋駒には、
色々な書体が使われているのには、驚きでした。

将棋の世界にも、数え切れない程の書体が有る事にとても驚きました☆
とても良い本を頂いて、読み終えた時は、感動して、
新しい 布の将棋盤を作りしている様子を始めてしまいました(笑)

いつも、ありがとうございしますm(_ _)m


<< エンジョイタオルさんの招き猫『... 光花先生のハンカチシリーズ♪ >>