EODでの勉強会 レッスン4 Wilcom EmbroideryStudio e3 の勉強♪

『EODでの勉強会 レッスン3  装飾用スタッズ マシーン♪』 のつづきです。


今回・・・EODの安藤さんのお仕事・研究所を、
  ずっと前から見学したくて、やっと実現しました。

安藤さんは、世界各国、あちこち出張に行っていて、

日本に帰って来たと思ったら、日本全国を巡業したり、
展示会やミシンショー等で、本当に忙しくて、
よっぽど、困った時意外は、こちらからは連絡してませんでたが、
今回、タジマ君2号機の件でお話している時に、
何とか、見学&勉強会が実現しました012.gif



レッスン4では、
Wilcom EmbroideryStudio e3 の勉強の内容をレポートしたいと思います。


Wilcom の安藤さんに、マンツーマンで指導を受けました(^-^*)♪
ここで習った事は、ミシン教室のレッスン等や私の作品作り・・・
色々な面で反映したいと思います。
b0174155_3422388.jpg



タタミの複合埋め縫い(アウトライン&オフセット)機能♪
b0174155_342351.jpg



並び替え機能♪ 右クリックで出来るのは良いですね!!!!!!
新機能に、思わず興奮(笑)
b0174155_342442.jpg

そして、この分解機能・・・めっちゃ優れもの☆
説明は・・・ここでは省略。
でも、Wilcom だから出来る機能だと、私は思うんです(*^-゚)v 
凄いです。ボソッ☆
b0174155_3425616.jpg





そして、ケミカルレースを作りたい方必見!!!


Wilcomの優れた新機能で・・・
クオリティの高いケミカルレース作成が出来る技術を教えて頂きました☆

私・・・これ、教えたくない(><) 秘密にしたい(笑)

でも、覚えの為に、画像をちっちゃく載せときます☆
b0174155_3441386.jpg

b0174155_3442131.jpg

b0174155_3443156.jpg

b0174155_3443739.jpg

b0174155_3444237.jpg


そして、私のよく使うビニールを置いて刺繍する方法に有効な機能♪
こういうサテンステッチのデータは・・・
b0174155_3445373.jpg


こんな風にすると・・・綺麗にビニールを取り除く事が出来る機能です。
b0174155_345977.jpg



こんな機能が有ると嬉しいな~という機能を常に考えてくれているのが、
Wilcomの刺繍ソフトエンジニアでもあるEODの安藤さんです。

研究と開発に常に前向きな姿勢が、とってもステキだと思います^^




縫い方設定の細かい機能も増えていました。
角度調整が・・・何だか、とっても面白そう・・・☆

う゛・・・・もっと、触ってみたいという衝動にかられました(笑)
b0174155_345426.jpg



『ビットマップでTrueViewプリントをキャプチャー』という部分で、

解像度というのを96DPI から、例えば、180DPIに上げて『OK』をクリックし保存します。
b0174155_34638.jpg


Corel PHOTO-PAINT で表示すると、こんな感じで見る事が出来ます。

昇華プリントや、色々なアパレル関係のデザインに
とっても役に立つ色々な勉強を致しました。
b0174155_3461581.jpg




まだ続きが有りますが、また時間を空けてレポートを書きたいと思います。040.gif





EODでの勉強会 レッスン5へつづく




Eー刺繍工房 (happy2525mama)




ブログランキングに参加しています。
クリックして応援してください
056.gif

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

こちらもよろしく
↓↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
by happy2525mama | 2014-09-03 03:49 | 刺繍 | Comments(8)
Commented by wrap at 2014-09-03 08:29 x
すっげぇぇぇ=3
mama興奮しどうしだったんだろうなぁ・・・(=゚ω゚)ノ
最新マシンの技術もさることながら、それを導入し開発している安藤さんの素晴らしさがまたここでも伝わってきます。
偉大な指導者に直で教えていただけるってありがたいですね。
そしてその技術をmamaから教えていただける、mama's生徒さんもうらやましい限りです。
Commented by Jyuumei at 2014-09-03 09:32 x
おはようございます。

遅くまでご苦労様でした。お陰様で有用な情報を受けることが出来ましたことに感謝します。
うぅ~ん、もっと知りたいところですが…(笑)

分解は今まで無かったのでしょうか?分解はよく使います。CADなどでもとても便利で使います。
分解の上にある”ブランチング”も優れた機能ですね。ただソフトが自動で判断するので、文字などでは自分の思い通りにさせるには最初の組み方?始点終点の設定を考えながら作らないとダメでした。と言っても、それだけでは完璧に思いごおりにはいかなかったなぁ。
走りも自動に入れて、糸切り箇所を最小にしてくれる。まあ気に入らなきゃ分解して直し。(^^)

サテン縫いの小口部分は3D刺繍する際の手法ですよね。何種類かあるようですが、切り取るウレタンや塩ビシートのカスが分かり難くするのに二重に(角度を変えて)縫うと綺麗に仕上がると聞きました。

『TrueViewプリント』これ使えそうですね。どこかで紹介されていたような?一度プリントしてみたことが有ります。Tシャツプリントに応用させてみたいと思います。

何時も何時も一杯ありがとうございます。
Commented by りんごの花 at 2014-09-03 13:34 x
すごい!
Commented by r-hitotoki at 2014-09-03 21:21
先生こんばんは!・・・
何だか内容が凄すぎて 場違いの世界に踏み入ったような??(笑)
初心者ですが これからミシン刺繍のことを学ばせてください。
よろしくお願いしますm(__)m
Commented by happy2525mama at 2014-09-03 22:05
wrapさま
コメントありがとうございます(^-^)♪
も・・・もう、刺繍ソフトマニアにとって・・・
楽しい時間を過ごす事が出来ました。

安藤さんも触った事の無い・・・
ハスクバーナのソフトの話まで、熱演して来ちゃいました(笑)

どこまでマニアなんでしょうね・・・私って・・・(苦笑))))

安藤さんは、私の知る限り、日本一のエンジニアです^^
Commented by happy2525mama at 2014-09-03 22:06
Jyuumeiさま

全て教えてしまうと、真似するソフト会社さんが現れちゃうから、
ここは・・・グッと押さえて・・・(笑)

分解機能は、Wilcomのソフトに有りましたよ☆
でも、Wilcom の ここでの分解機能は、
バラバラになっちゃう分解機能とは、全く違う分解機能です。

これは、e3で標準装備されていると思うので、
『Aichi 2014』と書いて実験してみて下さい。
どの部分が分解されて、フォント変換出来るか・・・
Jyuumeiさまのソフトで実際にやってみると、判るかも☆
文字全てがバラバラにならないんです。(*^-゚)v

色々実験あるのみです。

>『サテン縫いの小口部分は3D刺繍する際の手法ですよね。』
はい。これは、一目瞭然(笑)

『TrueViewプリント』これは、とっても良い機能です。
応用次第で、色々な作品の幅が広がります☆
Commented by happy2525mama at 2014-09-03 22:07
りんごの花さま

はじめまして???かな 
コメントありがとうございます。m(_ _)m

そーなんです。
実は・・・私の刺繍の先生は、とっても凄い方なのです(^-^*)♪
Commented by happy2525mama at 2014-09-03 22:07
r-hitotoki さま

コメントありがとうございます。

私は、まだまだ、ミシン刺繍の先生として駆け出しですが、
通信教室の生徒様でも、上手く指導できる練習を兼ねてがんばっています。
こちらこそ、どうぞ よろしくお願い致しますm(_ _)m


<< EODでの勉強会 レッスン5 ... EODでの勉強会 レッスン3 ... >>